消費者金融の法律を知っておけば、キャッシングする時に安心です

キャッシング、消費者金融に関する法律

キャッシング、消費者金融に関する法律

キャッシング業者からお金を借りる際にとにかく急いでお金を準備しなければならず、焦っているという方もいるでしょう。

ですが、焦ってしまうと自分にとって最適ではない業者に申し込みをしてしまったり、設定金額を誤ってしまう可能性もあるため注意が必要です。 安全にキャッシングを利用するためには、消費者金融に関する法律について知っておきたいですね。

現在の貸金業法は2010年に改正されました。 これにより、以前は主に消費者金融のために作られていた貸金業法の決まりが消費者金融だけでなく、利用者のことも考えた内容に改正されたのです。

以前は消費者金融側にとって有利な条件が設定されていたこともあったのですが、改正により、利用者に優しい内容に変更されています。 貸金業法が改正される前にはサラ金などとも呼ばれ、あまり良い印象もよくなく、当時はおすすめできる消費者金融ではありせんでしたが、今ではテレビCMが行われるなど、身近な存在になっていますよね。

貸金業法の改正によって、なにが変わったのかというと特に大きな変更点は総量規制というものです。 これは、多重債務を防止するために作られた決まりのことで、個人の場合、貸金業者からは年収の3分の1以下の金額までしか借りられないという決まりになります。

つまり、年収が300万円の方であれば、100万円までしか借りることができないということですね。 これは、一社からの借入金額ではなく、すべての借り入れを合わせた金額であるため、各業者から100万円まで借りられると勘違いしないようにしましょう。

それから、金利の上限も利息制限法というものによって決められています。 消費者金融というと、銀行に比べて金利が高いのですが、しっかり法律で制限されているため、好きに設定できるというわけではないのです。

元金がいくらなのかによって上限金利が変わり、10万円未満の場合は20.0%、10万円以上100万円未満の場合は18.0%、100万円以上の場合は15.0%が上限金利となっています。
香川銀行

賢い無利息キャッシングの使い方

キャッシングを利用する際に、少額のみ借りたいということであれば、無利息キャッシングというものに注目してみましょう。

例えば、給料日まであと5万円ほど足りないという場合、消費者金融が向いています。 というのも、消費者金融では少額の借り入れであれば審査に通りやすくなるため、即日でお金を用意できる可能性があるからです。

消費者金融といえば、即日融資が可能ではあるものの、金利が高いというのがデメリットになってしまいます。 ですが、金利の問題さえクリアすることができれば非常に便利なサービスだともいえるでしょう。

そこで役立つのが無利息キャッシングなのです。 これは、○日以内に完済することができれば金利無料で借りられるキャッシングのことなのですが、少額のキャッシングであればまとめ返済も可能でしょう。

何十万円もキャッシングする場合には決められた期日の中で一括返済するのが難しいかもしれませんが、少額キャッシングの場合は無利息サービスを行っている業者もチェックしてみてくださいね。

それから、即日融資を受けたいと思っている方にも消費者金融がおすすめです。 必要な書類が少ないだけでなく、審査のスピードが非常に速いため、条件さえ満たしていれば即日融資が受けられる可能性が非常に高くなります。

銀行から借り入れをする場合には、様々な書類を準備しなければならないだけでなく、審査にも時間がかかってしまうため、すぐにお金が必要な方は消費者金融を選択したほうが良いでしょう。

借りる金額が大きい場合には、無利息期間があるかどうかということよりも金利の低さを重視したほうが良いです。 しかし、少額であれば金利の影響はそれほど大きくないので、返しやすさやサービスの内容などを比較して業者選びをすると自分にとって最適な業者が見つかりやすくなります。

インターネット上だけで申し込み手続きを完了させることができるため、手軽に融資を受けたいという方にも消費者金融がおすすめです。

キャッシング審査を最短で済ませるには?

キャッシングで即日融資を受けたいと思っているのであれば、スムーズにお金を借りるためのポイントについてチェックしておく必要があります。 ただ、申し込みをすれば確実に即日融資が受けられるというわけではありません。 そこで、スムーズに審査を受けるためのポイントについてご紹介しましょう。

まず、申し込み書に不備がないように注意しなければなりません。 近年はインターネット上から申し込みをする方が増えてきましたが、入力内容に不備があったりすると審査が進まなくなってしまうので注意しましょう。

直接申し込み用紙に記入をする場合も同じです。 不備があればそのポイントを確認してからでなければ審査が進まないため、無駄な時間がかかってしまうのです。

雑に書いてしまうと機械で読み取れない文字と判断されてしまう可能性もあるため、丁寧に書きたいですね。

次に、連絡先はすぐに電話が取れるものを選んでおきましょう。 審査結果は電話やメールで伝えられることになるのですが、連絡がつかないというケースもあるようです。

その場合、後日自宅宛に郵送で審査結果が知らされる形になります。 このような状態でも問題はないのですが、即日融資を受けることはできなくなってしまいますよね。

メールで連絡が届いていたものの、迷惑フォルダに振り分けられていたなどの理由から不着となってしまう可能性もあるため、このあたりは十分に注意しておきましょう。

どういった方は審査がスムーズに進むのかというと、まず、信用情報に問題がある方です。 過去に債務整理をしていたり、滞納を繰り返している方は個人信用情報機関にそういったトラブルが集約されているため、融資が受けられるまでに時間がかかったり、断られてしまうケースがあります。

次に、他社からも借り入れをしている場合には融資限度額を慎重に設定しなければならないため、時間がかかるということも覚えておきましょう。 総量規制というものの影響で年収の3分の1以上の貸付はできないようになりました。 これらのポイントに注意しながら申し込みをしてみましょう。

↑ PAGE TOP